古銭買取に持ち込むまで頑張るには

流通している硬貨の中には、特定の年に発行されたものに限って実際の硬貨の価値よりも高い値段で取引されていることがあります。実際、平成へと年号が変わった際に、短期間だった昭和64年発行の500円硬貨が2000円で買い取られているのを、古銭買取を行う古銭商の店頭で見たことがあります。また、職場環境を利用して昭和64年発行の500円硬貨を探し出せる人がいて、その人が探しているのを実際に見たことにより、古銭買取が行われているということを認識しました。調べてみると、500円硬貨だけでなくそれぞれの硬貨に価値があることがわかり、これらを頭に入れて日々古銭を見ていたら、いつか幸運が舞い込んでくるような気がしています。古銭買取の店に1円玉一枚を持って行くことはできそうにありませんので、何とか持ち込めるまで頑張るには、継続するしかありません。あきらめなければ、一枚、また一枚と見つかっていき、気が付けばそこそこの枚数でお店に行けそうな気がしています。

↑ PAGE TOP