古銭買取における凡その査定目安

家の中で眠っている記念コインや切手、古銭がどれくらいの価値になるのか、本当に気になったときには手近にある古銭買取店に持ち込んで査定してもらうのが一番確実です。自分では価値があると思っているようなものでも、意外と評価されなかったり、逆にどうでもよさそうなものに高値がついたりと、素人判断では理解できないようなことも良くあったりします。査定は、その物自体の状態や相場によって評価が変わってくるのですが、おおよその評価基準というものはあるので、それらについては知識として押さえておくと良いでしょう。一般的に古銭買取においては、大判や小判については数十万円から数百万円の値段がつけられます。その時代によって評価額にもっとも大きな違いが出てくるものでもあります。また硬貨については、特定の期間に発行されたものにプレミアがついたりすることが多くなっています。また普通の通貨であっても、例えば50円硬貨で穴がずれていたり、両面とも表になっていたりするようなエラー硬貨であれば、非常に高い値段がつくことがあります。

↑ PAGE TOP