ひょっこり出てきたら古銭買取に聞いてみよう

家族の中でもっとも高齢の人が亡くなったときに遺品整理をしていると、今は使っていない古いお金が出てくることがよくあります。一円玉に似ている一銭硬貨や、十円玉に似た十銭硬貨が出てきたり、札の場合では100円札が出てきたりすることも珍しくありません。使い古されたお金であっても、古銭買取を行っている店にもっていけば、価値があるかどうかを判断してくれます。コレクターの物であれば、ケースに入っていたりと状態のよいものが出てくる場合もありますので、そんな時には思ってもみなかった高額買取価格が提示されることもあります。古いお金は使い道がないと捨ててしまう前に、古銭買取をしてくれる店に持ち込み、相談をしてみるといいでしょう。今ではインターネットのおかげで、何年度発行のいくらの紙幣や硬貨に価値があるかがすぐにわかりますので、もしも合致したらためらうことなく買取商へもっていき、調べた結果を交えながら交渉するのがいいでしょう。

↑ PAGE TOP